女優

文音(女優)の水着画像は!結婚は嘘?二世で七光り&ブサイクの声も?

更新日:

父親は歌手の長渕剛(ながぶち つよし)さん、母親は女優の志穂美悦子(しほみ えつこ)さんという、まさに芸能界のサラブレッドと言える女優の文音(あやね)さん。

両親からストイックなDNAを受け継ぎ、まさに努力の連続で今日まで歩んできた彼女ですが、世間の声は非情で、知名度が高まるにつれて様々な噂や憶測も飛び交っています。

今回はそんな文音さんに纏わる気になる話題について調査していきたいと思います!最後まで気軽にお付き合いください

プロフィール

名前:文音(あやね)

本名:長渕 文音(ながぶち あやね)

生年月日:1988317

(現在33歳)

出身地:東京都

血液型:A

身長:163cm

職業:女優

経 歴

当時3歳の頃からバレエをはじめ、将来はバレリーナになることが夢だったという文音さんですが、14歳の時に怪我が原因でその道を断念することとなり、大きなショックを受けてしまいます。

しばらくやりたいことが見つからない中、高校入学後に『東映』のワークショップに参加したことがきっかけで女優を目指し、2008年に公開された映画『三本木農業高校 馬術部』で主役を務めデビューを果たします。

その後、2011年に出演したドラマ『コヨーテ、海へ』で刺激を受け、翌年からアメリカ・ニューヨークへ1年半に渡る演劇留学を経験。

20145月に帰国し、芸名を長渕文音(ながぶち あやね)から現在の「文音」に改名し、再スタートを切っている文音さん。以降も様々な作品に出演を重ねていき、現在に至るまで女優としてのキャリアを積み上げていってますね。

水着画像は!

スラッとした抜群のプロポーションに、クールで大人っぽいオーラを見に纏う文音さん。20207月に公開された主演映画『いけいけ!バカオンナ〜我が道を行け〜』でコメディ演技に初挑戦するなど、意外な一面も見せてくれている彼女ですが、ネットでは「水着画像」を求める声が多く挙がっています。

・・・が、調査の結果、残念ながら文音さんの水着画像を入手することはできませんでした。

もともと芸能界デビューすることに対して、父親である長渕剛さんからは反対されていたという文音さん。反対を押し切ってそのキャリアをスタートしているからこそ、水着姿などは披露せず、これまで女優業に邁進してきたのかもしれませんね。

そこで代わりと言っては何ですが、意外にも母親である志穂美悦子さんの水着画像を発見することができたので、この場を借りて披露したいと思います。

志穂美悦子★水着画像①☆

志穂美悦子★水着画像②☆

志穂美悦子★水着画像③☆

いかがでしょうか?

日頃は父親である長渕剛さんのインパクトが強いものの、母親である志穂美悦子さんもかつては大女優として人気を博し、濡れ場を演じるなど体当たりな演技にも数多く挑戦しています。

若かりし頃のその姿はまさに現在の文音さんと瓜二つであり、文音さんが水着姿を披露していればこのように映るのかと考えると何とも感慨深いものがありますね。

結婚は嘘?

年齢的にも、あらゆる場面で「結婚」が囁かれている文音さん。ネットでは「両家の顔合わせが豪華すぎる」と、彼女がすでに結婚しているかのような反応も見られました。

ところが結論から言うと、文音さんの「結婚疑惑」についてはデマ情報であるということがわかりました。

事の発端は、20184月に公開された映画『ばぁちゃんロード』でした。文音さんの婚約者役を務めたのが俳優の三浦貴大(みうら たかひろ)さん。父親は俳優の三浦友和(みうら ともかず)さん、母親は元歌手の山口百恵(やまぐち ももえ)さんという、言わずと知れたサラブレッドですね。

そんなサラブレッド同士が演じる結婚ストーリーも描かれた同映画ですが、舞台挨拶では文音さんの「うちらが結婚したら、両家の顔合わせ、豪華だよね。」という発言に対して、三浦貴大さんが「行きたくない。欠席するわ。」と回答をする一幕がありました。

たしかに想像するだけで豪華すぎる両家の顔合わせであるだけに、このやり取りがきっかけで文音さんに結婚の疑惑が浮上したものだと考えられます。

今はまだ独身を貫いている彼女ですが、将来、結婚相手が長渕剛さんのもとへ挨拶に行くと考えると、何れにしてもハードルは高そうですね。

二世で七光り&ブサイクの声も?

日本の芸能界では有名人を親に持つ、いわゆる「二世芸能人」に対する風当たりは厳しく、偉大なるご両親を持つ文音さんに対しても例外なく「七光り」といった心無い声が浴びせられており、終いには「ブサイク」といった批判的な意見も見られています。

たしかに親に負けない活躍を見せる芸能人もいれば、親のネームバリューだけで生き残っている芸能人も多くいることから、この議論が完全になくなることはないのかもしれません。

ところが調査する中で、文音さんにはその運命に敢えて挑戦しようとする前向きな姿勢が感じられました。

「二世芸能人」という立場にある人は「親の七光り」という言葉の裏に存在する束縛のようなものから抜け出し、自分の力でその道に進みたいという思いが強いのか、基本的には公の場で親の名や親の話を出すことを避けたりする傾向にあります。

ところが文音さんの場合は逆に大きな存在である両親に対する敬意のようなものが感じ取られ、さらに躍進していきたいという強い想いすら伝わってくるのです。

様々な批判的な声も当然ながら耳には入ってきているでしょうが、芸能界で生きていくという覚悟が、そうした強さを生み、「二世芸能人」の中でも勝ち組へと入り込む秘訣なのかもしれませんね。

(※その他にも二世で七光りと話題になっている方はこちら!!)

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

安藤サクラのブサイクすぎる画像?親の七光りでコネ?家系図がヤバい!

趣里の熱愛彼氏は田島?ブサイクすぎる&親の七光り?摂食障害の噂!

岸井ゆきのは二世で父親は誰!水着最新画像は?鼻&歯並びブサイクでダウン症?

まとめ

いかがでしたか?

今回の調査で、文音さんがイメージ通りのまさに「かっこいい女性」であるということを改めて認識することができたと同時に、それを体現する強い意志に脱帽してしまいました。

女優としてのキャリアも十分で、まさに脂が乗ってきたと言える今、ご両親を超えるほどのさらなる活躍が楽しみですね。引続き、文音さんの活躍を追っていきたいと思います!最後までお付き合いいただき、ありがとうございました

-女優
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© TheTopics , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.