お笑い芸人

ティモンディ高岸の喋り方はわざと?本当は病気?大食いで身体能力が規格外か!

更新日:

『アメトーーク!』『有吉ゼミ』などバラエティ番組で「面白い!」と今話題のお笑いコンビ『ティモンディ』のボケ担当である高岸宏行(たかぎし ひろゆき)さん。

2020年1月には男性ファッション誌『smart』にファッションモデルとして登場するなど活動の場が広がってきている今年注目の若手芸人です。

オレンジのスーツがインパクト大で、身振り手振りが大きい、ゆっくりとした独特な喋り方が印象的ですが、そのクセの強さゆえに様々な噂も浮上しているそうです。

今回はそんな高岸宏行さんに纏わる気になる話題について調査していきたいと思います!最後まで気軽にお付き合いください☆

プロフィール

名前:高岸 宏行 (たかぎし ひろゆき)

生年月日:1992年10月8日

(現在27歳)

出身地:京都府

血液型:A型

身長:188cm

職業:お笑い芸人

所属:ティモンディ

事務所:グレープカンパニー

経 歴

『ティモンディ』のお二人はあの野球で有名な『済美高校野球部』の同期生ですが、高岸宏行さんはスポーツ推薦で入学。ピッチャーとしては「最速147㎞/h」を記録し、打者としても高校時代だけで20本ものホームランを打っていることからプロ野球球団の『ヤクルトスワローズ』『阪神タイガース』が注目していたそうです。

その後は東洋大学への進学している高岸宏行さんですが、大学3年生の時に故障が原因でプロ野球選手の夢を断念。大学4年生の時に、駒澤大学に進学していた現在の相方である前田裕太(まえだ ゆうた)さんと共にコンビ結成に至っています。

これまでライブ中心に活動してきた『ティモンディ』ですが、2019年から『ウチのガヤがすみません!』『アメトーーク!』など全国区のバラエティ番組に出演するようになり、独特でクセの強い喋り方が話題となって、知名度がぐんぐん上がってきています。

勢いそのままに、今や「2020年ブレイク必至」の注目若手お笑い芸人と言っても過言ではない高岸宏行さんですね。

喋り方はわざと?

非常にゆったりとしたクセのある喋り方から、毒舌で有名なお笑い芸人・有吉弘行(ありよし ひろいき)さんから「面白い奴がいた」と評されたこともある高岸宏行さん。

一方で以前から知っている人はその喋り方に違和感を覚えているようで、今のゆっくりとした喋り方は「わざとではないか」とも噂されているようです。

名門校がゆえに礼儀作法などにも厳しい済美高校野球部なので、その時に培われた喋り方が今でも染みついているのではないかという声もありますが、過去に出演された野球YouTubeの『クニヨシTV』では普通のスピードで喋っているように聞こえます。

また、高岸宏行さんのネタの一つとして有名なのが「早口の挨拶」で、野球部時代に監督や先輩に会ったら「おはようございます!今日もよろしくお願いします!」と挨拶しなければいけなかったことが元ネタとなっているようです。

このように早口だったり普通のスピードで喋っているのを聞いたことがある人からすればわざとだと思われても仕方ないですね。

高岸宏行さんは昔と今で外見もだいぶ異なっているのでこの独特でクセの強い喋り方は印象付けるためにあみだした芸風ではないかと考えられます。

このゆっくりとした喋り方は「うざい」「トーク番組なのに喋るのが遅くてイライラする」というマイナス意見もあるようですが、この喋り方が印象付き、テレビ番組への出演も増えてきていることも事実であることから、これがキャラ設定した芸風だとすれば成功者であると言えそうですね。

本当は病気?

ゆったりとした喋り方で手振り身振りの表現も大きいことから、高岸宏行さんに対しては「病気」「障害」といった疑惑まで浮上しているようですね。

結論を言えば、先にも述べたように過去には普通のスピードで喋っていたり早口言葉が言えたりするので病気ではないと考えられます。

それに、もしその喋り方が本当でそれを病気だとするならば、普段の意思疎通もできないと芸人としてやっていくことはなかなか難しいのではないかと思います。現に「ロケ回しがめちゃくちゃうまい」という声もあるようですね。

以上のことを考えると、高岸宏行さんは決して病気や障害ではなく、注目されている喋り方は売れるために考えついた「わざとゆっくりとした喋り方の芸風」であるということが改めて言えそうですね。

(※その他にも病気や障害が話題になっている方はこちら)

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

前田敦子がブチギレ離婚か!親権は夫?情緒不安定はパニック障害で病気?

紅蘭の出産後が激やせで劣化?筋トレ&ダイエットで病気!整形でサイボーグ化?

南明奈の現在が劣化&ブサイク?痩せすぎは病気?妊娠中でお腹ぽっこり画像も!

大食いで身体能力が規格外か!

野球の経歴がよく取り上げられら中でプロからスカウトされるほどの腕前であることが有名な高岸宏行さんですが、野球と同じく特技としているのが「大食い」です。

2019年10月に放送されたバラエティ番組『有吉ゼミ』の大食いチャレンジに出演し、見事に「超巨大カツ土鍋ご飯」を完食されました。

その食べっぷりは大食いのギャル曽根(ぎゃるそね)さんを追従する勢いで、翌月放送の同番組でも「3.8㎏の味噌ラーメン」をもの凄い勢いで完食しています。

この大食い2連勝はとても話題になったので、今後は大食い企画にもどんどん呼ばれるようになるかもしれないですね。

また、高校時代は投手として「最速147㎞/h」を記録し、2018年12月には「150㎞/h」をマークしていることから「身体能力が規格外」とも言われていますね。

けれども、身体能力に関しては相方の前田裕太さんの方が凄いらしく、高校1年生と2年生の時にスポーツメーカー『ZETT』が行っている筋力測定で全国1位になったそうです。

このようにコンビ揃って運動能力に長けているので今後はスポーツ関係の番組の出演も増えそうですね。

まとめ

いかがでしたか?

今回の調査で、独特でゆっくりとしたクセの強い喋り方を芸風にしている『ティモンディ』の高岸宏行さんはある意味では優れた役者でもあるということがわかりましたね。

これまで漫才をテレビで見かける機会が少ないことから、今後さらにブレイクしていく活躍の中で、その機会が増えることを願いつつ、大食い企画やスポーツ番組でも活躍されることを期待したいですね!最後までお付き合いいただき、ありがとうございました☆

-お笑い芸人
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© TheTopics , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.