俳優

森崎ウィンの熱愛彼女は!英語力がやばい!ハリウッドのギャラは?

更新日:

スティーヴン・スピルバーグ監督の映画『レディ・プレイヤー1』でハリウッドデビューを果たした俳優の森崎ウィン(もりさき うぃん)さんが、綾野剛(あやの ごう)さん主演のドラマ『ハゲタカ』にゲスト出演することが決まりました。

企業買収による再生事業を描いた同ドラマで、森崎ウィンさんは8月30日放送の第7話と、9月6日放送の第8話に、宇宙開発に夢を抱くベンチャー企業の社長役で出演します。今回はそんな本格俳優の森崎ウィンさんにスポットを当てていきたいと思います!最後まで気軽にお付き合いください☆

プロフィール

名前:森崎ウィン(もりさきうぃん)

生年月日:1990年8月20日(現在28歳)

出身地:ミャンマー

血液型:O型

職業:俳優・歌手

事務所:スターダストプロモーション

【経  歴】

ミャンマー人の両親のもとに2人兄妹の兄として生まれ、幼少期をミャンマーで過ごす。小学校4年生の時に来日。中学校2年生の時にスカウトされ、現在の事務所に入社。2008年、音楽ユニット『PrizmaX』に加入。メインボーカルを務める。同年、ドラマ『東京少女 桜庭ななみ』で俳優デビューし、『学校じゃ教えられない!』で連続ドラマ初出演を果たす。2009年、『ごくせん THE MOVIE』で映画初出演。2014年、『シェリー』で映画初主演。

2016年、スティーヴン・スピルバーグ監督の映画『レディ・プレイヤー1』に主要キャストで起用されることが発表され、一躍有名になる。

熱愛彼女は誰!

森崎ウィンさん、ハーフかと思いきや、生粋のミャンマー人だったんですね!(※今はもう帰化されていると思いますが・・・。)整った顔立ちに加えて、なんとミャンマー語、英語、日本語を話せるトリリンガルであるとのこと!

そんなイケメンすぎる森崎ウィンさんですが、現在お付き合いしている女性はいるのでしょうか?チェックしてきましょう!

調査の結果、デビュー当初の2008年頃に、彼女と撮ったと思われるプリクラ画像が流出していたとのこと!ただ、あくまで高校時代のお話でしょうから、遥か昔の過去の話ということで現在進行形ではないようですね!

また芸能界に入ってからは映画の共演がきっかけで、仲里依紗(なか りいさ)さんが彼女との噂も一時期ありましたが、中尾明慶(なかお あきよし)さんとの結婚に伴いボツネタに・・・。以降、これといった噂話もなく、本格俳優としての道を着実に歩んでいってるみたいですね!

英語力がやばい!?

映画『レディ・プレイヤー1』でハリウッドデビューを果たした、森崎ウィンさん。スピルバーグ監督から「日本で1番」と絶賛された俳優として話題となっていますが、そもそもそんな大舞台になぜ抜擢されたのでしょうか?

同映画は"バーチャルな世界を舞台に、10代の若者たちが大富豪の遺産を追う”というストーリーで、森崎ウィンさんが演じたのは、主人公ウェイドの友人・ダイトウ。"日英バイリンガル”という条件からキャスティングは難航し、全世界でのオーディションは数か月間に渡ったそうです。

そして絞りこまれた候補者の中から、スピルバーグ監督自らが森崎ウィンさんを指名したのです!その中でスピルバーグ監督に「英語の発音がきれいだった」「日本から来た役者で、こんなに発音がきれいな役者は初めてだった。」と言わしめたとのエピソードも語っています☆(※前述の通り、森崎ウィンさんはトリリンガルで、特に英語の発音はネイティブレベルとのことです!)

ハリウッドのギャラは?

巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作映画・・・、ギャラはさぞお高いことでしょう!調査してみると、森崎ウィンさんが手にしたギャラはどうやら10回の分割支給であるとのこと。とある番組で入金されたギャラを確認した際のことを、「残高とかみると『OH MY GOD!』みたいな。夢ってあるんだな。」とコメントしており、予想以上にかなりの高額だったことが伺えますね!

ちなみに近年のハリウッド映画に出演した俳優で高額のギャラと言われているのが『アイアンマン3』主演のロバートダウニーJrで、映画一本で5,000万ドル(約55億円)。一方で、かなり少額なギャラと言われているのが『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』主演のクリス・エヴァンスの映画一本30万ドル(役3,300万円)とされています。(※さすが、ハリウッド!森崎ウィンさんも主演でこそなかったですが、それなりのギャラをもらっていることがわかりますね!!)

まとめ

いかがでしたか?若くしてハリウッドという大舞台を経験した森崎ウィンさん。今後については演技と音楽の両軸でやっていくことを決意しています。そして演技では"10年以内にアカデミー賞を取る”、音楽では"2年以内にアジアツアーを目指す”といった、明確な目標を掲げています!

目標に向かってひたむきに突き進んでいくバイタリティを武器に、今後更に世界という舞台での活躍に期待ですね!最後までお付き合いいただき、ありがとうございました☆

-俳優
-, , , , , , , ,

Copyright© TheTopics , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.