俳優

宮世琉弥が演技下手で嫌い?目が整形で昔がブサイク?性格最悪で炎上か!

投稿日:

話題のドラマなどに次々と出演を重ね、今まさに「ネクストブレイク」が期待されている若手俳優の宮世琉弥(みやせ りゅうび)さん。しかし、その知名度が高まるにつれてネットでは様々な噂や憶測が飛び交う事態となっているようです。

そこで今回は宮世琉弥さんに対して囁かれている気になる話題について調査していきたいと思います。まずは、簡単なプロフィール・経歴から見ていきましょう!

プロフィール

【引用元】https://www.fujitv-view.jp/article/post-242885/

名前:宮世 琉弥(みやせ りゅうび)

生年月日:2004年1月22日

(現在18歳)

出身地:宮城県石巻市

血液型:AB型

身長:176cm

職業:俳優

事務所:スターダストプロモーション

経 歴

  • 2018年:5人組ボーカルダンスユニット『M!LK(ミルク)』に加入。
  • 2019年:苗字を公募し、「琉弥」から「宮世琉弥」に改名。
  • 2020年:『M!LK(ミルク)』を卒業。
  • 2021年:ドラマ『青のSP-学校内警察・嶋田隆平-』『ナイト・ドクター』に出演。
  • 2022年:ドラマ『もしも、イケメンだけの高校があったら』をはじめ、多数の作品に出演。

演技下手で嫌い?

現在に至るまで、人気ドラマに多数出演を重ねている宮世琉弥さんは、憧れの人物として俳優の北村匠海(きらむら たくみ)さんや菅田将暉(すだ まさき)さんの名前を挙げるなど、実力派俳優を目指している様子が伺えます。

その決意の通り、これまで若さ溢れるエネルギッシュな役のみならず、どこか影を感じるダークな役まで、幅広い演技を見せている彼ですが、一部からは「演技が下手」「嫌い」といった否定的な意見も寄せられていることがわかりました。

【引用元】https://www.cinemacafe.net/article/2022/04/06/78180.html

調べてみたところ、その理由として考えられるのが、これまでの「経歴」であるということが言えそうです。・・・と言うのが、元々は5人組ダンスボーカルユニット『M!LK』として活動していたことが影響して、現在の「俳優」としての姿に違和感を抱く人が一定数存在しているようですね。

確かに、宮世琉弥さんが俳優業に専念する為にグループを卒業したのが2020年になるので、純粋な俳優としてのキャリアはまだ浅いと言えるのかもしれません。しかし、その一方でオファーが殺到している現状を鑑みると、演技力の高さは折り紙付きであると言うこともできます。

【引用元】https://www.excite.co.jp/news/article/PlusParavi_008883/

実際に宮世琉弥さんの演技力を高く評価する声が圧倒的多数である中で、特に反響が大きく、彼の存在を世に知らしめた作品が2020年に放送されたドラマ『恋する母たち』になります。

同作品ではエリートで世間体ばかりを気にする父親と優柔不断で夫との離婚を考えている母親という複雑な家庭環境で育った息子役を見事に演じきった宮世琉弥さん。そのクールな眼差しは、物事を冷静に見るという役柄にピッタリとハマるものでした。

【引用元】https://realsound.jp/movie/2020/11/post-662161_2.html

以上のように、その演技力に対する評価は賛否両論あるものの、着実に実力派俳優への道を歩み始めていることは言うまでもありません。今後、宮世琉弥さんがまたどんな役柄を演じていくのか、ますます楽しみでもありますね。

(※その他にも演技が下手で嫌いと話題になっている方はこちら!!)

⇩  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩

西岡星汰の熱愛彼女はtaki?兄がイケメンで画像は!演技下手で嫌い?

鈴木咲(子役)の歯並び&鼻がブサイク?演技下手で嫌い?両親の職業は!

鈴鹿央士がブサイクでかっこよくない?頭でかい&顎しゃくれか!演技下手で嫌い?

目が整形で昔がブサイク?

その演技力もさることながら、セクシーな目元が印象的なイケメン俳優として人気を集めている宮世琉弥さん。端正な顔立ちと透き通った色白美肌は、女性顔負けの美しさとも言えますが、一部からは「昔と目が違う」といった声が挙がっており、「整形」を疑われる事態へと発展しているようです。

【引用元】https://luckypenny777.com/archives/1397

【引用元】https://risazoo.com/ryubi/

こちらが、宮世琉弥さんの「昔」と現在の比較画像になります。当時小学校5年生の時にショッピングモールでスカウトされたことがきっかけで芸能界入りを果たし、当初は所属事務所の研究生としてアーティスト集団『EBiDAN SENDAI』に所属。

小学生リーダーを務めるなど、活躍をしていましたが、この頃から「目」は綺麗な二重であり、結論から言うと「整形」の疑惑については綺麗すぎるが故に浮上したデマ情報であることが考えられます。

ちなみに宮世琉弥さんには女性アイドルグループ『いぎなり東北産』に所属する「妹」伊達花彩(だて かあや)さんがいます。

【引用元】https://s-style.machico.mu/pickup/15800

画像を確認してみたところ、彼女も同様にパッチリと綺麗な二重であることから、「目」については「両親」からの遺伝である可能性が高いと言えそうですね。

性格最悪で炎上か!

宮世琉弥さんといえば清潔感があって好青年のイメージがありますが、実は意外にも過去に「炎上」騒動を引き起こしていることを皆さんはご存知でしょうか?

事の発端が、2019年に放送されたドラマ『パーフェクトワールド』で共演した、女優の田鍋梨々花(たなべ りりか)さんとの「熱愛報道」になります。

【引用元】https://wcs-enoshima.jp/miyaseryuubi-girlfriend/

田鍋梨々花さんといえば、『ミスセブンティーン2016』でグランプリの受賞経験を持つ「美少女」として知られていますが、お二人を含む共演者の男女4人でディズニーランドに遊びに行ったことが「炎上」へと繋がってしまったようですね。

ディズニーランドへは1対1のデートではなく、あくまで仲の良い共演者で遊びに行ったに過ぎないものの、その後にSNSを中心に写真の背景やアイコン、iPhoneケースなどがお揃いとの疑惑が浮上。結果的に「匂わせ投稿」だと非難され、宮世琉弥さんの「性格が悪い」との指摘へと発展することとなっています。

【引用元】https://wcs-enoshima.jp/miyaseryuubi-girlfriend/

実際のところ、お二人が交際していたと確証の持てる情報は何もなく、熱狂的なファンの間で疑惑が独り歩きしてしまったことが原因だと言えそうですが、宮世琉弥さんにとっては今後芸能界で生きていく上での良い教訓となったかもしれませんね。

まとめ

現在、ドラマを中心に話題作に次々と出演し、着実に実績を積み上げている俳優の宮世琉弥さん。その勢いとは裏腹に年齢以上の落ち着きを見せるなど、どこか大人びた雰囲気も感じさせる彼に関する今回の調査結果をまとめていきましょう。

  • 「演技が下手」と噂されるのは、俳優歴が浅いことが影響している。
  • 「目は整形」ではなく、「両親」からの遺伝である可能性が高い。
  • 「性格が最悪」と言われるのは過去に引き起こした「炎上」が原因となっている。

・・・ということがわかりました。

デビューしてから、あっという間に人気俳優の仲間入りを果たすこととなった宮世琉弥さんは、ドラマへの出演回数が増えるにつれて、顔つきもどんどん男らしくなっているようにも感じます。今後またどのような役柄を演じ、我々を魅了してくれるのか、引続きその活躍からは目が離せませんね!

-俳優
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© TheTopics , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.