音楽家

吉田瑳矩果(さくら)が酒豪でアル中か!毒舌&性格悪い?目が変でブサイク?

更新日:

「美しすぎるハープ奏者」として、今音楽シーンで注目を集めている吉田瑳矩果(よしだ さくら)さんを皆さんはご存知でしょうか?

日本で数少ないハープ奏者として、稀に見るセンスと技術もさることながら、そのキャラクターについても大きな反響を呼んでいるようです。

そこで今回は吉田瑳矩果さんの素顔に迫るとともに、巷で囁かれている気になる話題について調査していきたいと思います!最後まで気軽にお付き合いください

プロフィール

【引用元】吉田 瑳矩果 SakuraYoshida (@SAKURA__harp) | Twitter

名前:吉田 瑳矩果(よしだ さくら)

生年月日:19921114

(現在29歳)

出身地:北海道網走市

職業:ハープ奏者

所属:読売日本交響楽団

経 歴

当時4歳の頃からハープを始めたという吉田瑳矩果さんは、HBCジュニアオーケストラ』に在籍し、堤祥作(つつみ しゅうさく)さんをはじめとする名だたるハープ奏者に師事。幼少期から着実にキャリアを積み上げていきます。

【引用元】吉田 瑳矩果 SakuraYoshida on Twitter: "4歳、はじめての発表会 ...

その後、『桐明女子高等学校』の音楽家を経て、大学院へと進学していきますが、在学中には数々のコンクールに出場し、入賞を飾っている吉田瑳矩果さん。

大学院卒業後は『読売日本交響楽団』に所属し、オーケストラとしての客演の他、ソロ活動にも精力的に取り組んでおり、クラシック以外のシーンでも活躍を見せていますね。

酒豪でアル中か!

優雅にハープの音色を奏でる普段の吉田瑳矩果さんからは想像できませんが、その素顔は「大の酒好き」のようで、「酒豪」ぶりが「アル中」レベルとまで言われています。

【引用元】https://chobizo.com/entertainment-konkurabe-s-yoshida-14708

調べてみたところ、吉田瑳矩果さんは普段から「テキーラ」を愛飲しており、真夜中に国内外のライブカメラを見ながら朝5時まで飲み続けるのが好きだということを明かしています。

ちなみに「テキーラ」の歴史を見てみると、メキシコのハリスト州のテキーラという地域で1,700年代から作られている地酒のようで、一般的には寒い時期などに飲むことで身体を体内から温めるというイメージを持たれています。

また、アルコール度数は3555%程度で、39%程度となっているビールとは比較にならないほどの強烈なお酒ですね。

極寒の地として知られる北海道網走市で生まれ育った吉田瑳矩果さん。もしかすると、本能的に身体を温める為に度数の高いお酒を好んでいるのかもしれませんね。

(※その他にも酒豪と話題になっている方はこちら!!)

⇩  ⇩  ⇩  ⇩  ⇩

山口紗弥加が若い頃と顎&顔変わった?滑舌悪いし演技下手?酒豪の噂も!

高田秋がアルメニアのハーフでかわいい!競馬予想で荒稼ぎの酒豪?鼻でかい&変?

山口紗弥加が若い頃と顎&顔変わった?滑舌悪いし演技下手?酒豪の噂も!

毒舌&性格悪い?

「美しすぎるハープ奏者」として注目を集める吉田瑳矩果さんですが、その美しい見た目からは想像できない「毒舌」なキャラが話題になっています。こちらでは、ツイッターで反響を呼んでいる投稿をいくつかご紹介したいと思います。

これは・・・、普段のイメージとのギャップを感じざるにはいられないほどの、歯に衣着せぬ発言の数々にどこか清々しさすら覚えますね。

しかし、このキャラに対しては賛否両論、様々な意見があるようで、あまりの「毒舌」ぶりに面食らった人からは「性格が悪い」との指摘もされていることがわかりました。

【引用元】吉田瑳矩果(さくら)の毒舌ツイートとテキーラが差し入れで一気飲み ...

そんな吉田瑳矩果さんは20217月にバラエティ番組『今夜くらべてみました』に初出演することで、早くも注目を集めています。同番組内でも飾ることなく「毒舌全開」の様子が映し出されているようなので、その姿を見ることが楽しみでもあり、少し怖いようにも思えますね。

目が変でブサイク?

ここまでは吉田瑳矩果さんの内面の部分をフォーカスしてご紹介してきましたが、最後に彼女の外見、ルックスに関する気になる噂について検証していきたいと思います。

言わずと知れた「美人すぎるハープ奏者」として、そのルックスには定評のあるように思えた吉田瑳矩果さんですが、正面からのショットに対して「目が変」といった意見が寄せられていることがわかりました。

しかし、それが果たして「ブサイク」と言われるほどのものなのでしょうか、チェックしてみることにしましょう。

【引用元】のしいか hashtag on Twitter

いかがでしょうか?

ハープを演奏する際は横からのアングルが多くなりがちで、正面からのショットに新鮮味を覚えますが、たしかに目の位置が離れ気味であるようにも感じてしまいます。

ところが、いわゆるこの「離れ目」については完全に好みが分かれるところであり、「魚のような印象で無理」という人もいれば、一方で「かわいい」と支持する声も見られています。

また、芸能界には「離れ目」の方が意外と多く、例えば言わずと知れた大女優の永作博美(ながさく ひろみ)さんもその代表格と言えるでしょう。

【引用元】永作博美「理想の夫婦とは? 今だから語れる、自分らしく輝いて生きる ...

50代でありながら驚異的な若さを誇る彼女ですが、この「離れ目」こそが若く見える秘訣とも言われており、さらに笑顔の際には目が下がって親しみやすさが増すといったようなプラスの意見も寄せられています。

このように「離れ目=ブサイク」とはならないことがわかりますが、吉田瑳矩果さんの場合は普段のイメージとその素顔とのギャップが激しすぎるが故に、批判的な意見が強まっているのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?

今回の調査で普段のイメージとはあまりにもかけ離れた吉田瑳矩果さんの素顔を見ていきましたが、個人的にはどこか近寄り難かった印象が一変し、親近感を抱くことができたように思えます。

「ハープ奏者」でありながら、意外すぎるキャラを活かして、今後はバラエティ番組などでその姿を見る機会も大いに期待できることから、引続きその活躍からは目が離せませんね!最後までお付き合いいただき、ありがとうございました

-音楽家
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© TheTopics , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.